夫のそばで京子氏は、細部の中にある美しさ『日本の美』を受け伝え、ローラン・デュシェーヌの特徴的な味わいは、伝統を守りながらもバランスの取れた素材をうまく組み合わせ、優美で純化されたものとなりました。

2010年3月、パリ15区でローラン・デュシェーヌ2店舗目となる「La patisserie de Kyoko」をオープン。2015年版C.C.C(クラブ・デ・クロクール・ショコラ)で優秀賞を獲得。2016年から3年連続でLes Incontour Nables「素通りできないお店」に選出されています。